ATS造家設計事務所

雫庵(しずくあん) 完成です

高齢の母が住む、平屋の庵(いおり)です。
ガラス屋根をつたって落ちる雨垂れは見飽きずそして楽しく、雫庵(しずくあん)と名づけました。

 

safac1jpg safac3jpg

saporch1jpg saporch2jpg

 

建物に降った雨はすべて大地を潤し、木々の命をはぐくみ空に還ります。
雨の日にはそんな自然のサイクルを感じ、晴れた日は太陽の恩恵に与る。 夏には風を誘い込み、屋根の熱気を放出し、冬には暖まった室内の空気を逃しません。
建築的な工夫をこらして、設備は最小限にとどめます。

 

ひと夏過ごしましたが、縁側のある生活、いいですね。
おはようさん で始まり、腰を掛けて軽い会話、陽射しを浴びながらの昼ご飯、蚊取り線香を点け風鈴が鳴る夕涼み。
季節やその日一日の変化を感じながら、ゆっくりした時間の流れを楽しむのが日本人に似合う暮らしだと思います。

sariv1jpg

sariv2jpg sariv3jpg

近日中にギャラリーにUPします。

今回は使った建築材料や設備、納まりなどを詳しく解説しています

 

 

saroofjpg safac4jpg

Tagged on: