建築と子供たち in KYOTO 2013

今年は「LED灯籠流し」ではなく、趣向を変えて「水の上の家」です。

 

 

aac1.jpg
aac2.jpg

 

子どもたちにものづくりのプロセスや創造性の大切さを 建築の設計と模型製作によって体験してもらいます。

製作後、教室で作品発表会を行い、作品は高瀬川に展示し通行する方々にも楽しんでいただきます。

(建築と子供たちの活動の詳細は、日本建築家協会(JIA)京都会のサイトをご覧ください)

 

高瀬川沿い 旧立誠小学校の教室で、京都市内の公募の小学生、学生さん、そして日本建築家協会(JIA)京都会の有志メンバーと一緒に、「水の上の家」を作ります。

例年二日がかりの作業を、今年は一日で仕上げることになり、タイトなスケジュールでしたが、いつもながら子どもたちの発想はすばらしく、力作ばかりでした。

 

aac3.jpg
aac4.jpg

 

私が担当した子は、きちんとでき上がりのイメージができており、自分の意見がはっきり言える子でした。

でも夢のあるデザインをなかなか形にできず、大人の都合で若干の「設計変更」をしてしまいました。

ごめんなさい。

 

 

暑い暑い、今年の夏も もうそろそろ終わりです。

 

aac5.jpg