長岡京の家 リフォーム完成です

 

 

築35年のお住まい  2階寝室のリフォームです。

 

orf1.jpg

窓にはカーテンを用いず木製の内窓を追加することで、落ち着きのある室内デザインとし、断熱性の向上も図ります。

床材は、幅広のナラ無垢材にオイル塗装を施したもので、見た目や踏み心地はとても良いものです。

 

 

orf2.jpg orf3.jpg

壁とあわせたデザインの建具を引き分けると、「次の間」に繋がります。

 

 

orfb3.jpg orfb4.jpg リフォーム前の、奥様の寝室

 

 

 

orf7.jpg

「次の間」は、洗濯物などの一時収納に使われています。

扉を開けるとウォークインクロゼットです。 

 

orfb5.jpg orfb6.jpg リフォーム前の、「次の間」

 

 

 

 

orf4.jpg orf5.jpg orf6.jpg

耐震補強は不要と判断しましたが、柱を抜いて部屋を大きくしたところは少し天井を低くして構造材を添え、屋根を支えます。

やむを得ずできた天井の段差には間接照明を仕込み、アールの輪郭を付けてさり気なく。

 

 

orfb1.jpg orfb2.jpg リフォーム前の、ご主人の寝室

 

 

 

 

 

orf8.jpg

トイレは白で統一。清潔に、シンプルに。

 

 

orf9.jpg

玄関建具は、背の高い木製建具として縦のラインが生きるデザインにしています。

スリガラスを入れていますが、足元だけを透明にして屋内外を繋ぎ、広く感じられるようにしました。