紫竹 中庭のある家(京都市北区)

木造2階建て 延べ面積125㎡(37.8坪) 中庭、そしてビルトインガレージのあるお住まいです。

 

un2.jpg

中庭。いいですね。

時代や洋の東西を問わず、都市空間をとても魅力的にしてくれる建築手法です。 光・陽射しとともにある毎日の暮らし、見上げれば空は高く、雨や雪の日もまた趣深い。

植樹があれば、花や紅葉・落葉で季節を感じられ、風にそよぐ枝葉を見るだけでも心地良いものです。 そうです。小さな自然を手に入れることができるのです!

 

 

 

uga2.jpg

up.jpg

木製の格子戸をくぐり、半屋外のポーチを通って玄関へ。

少しの距離・小さな露地空間なのですが、このスペースが住まいに潤いと品格を与えてくれます。

 

 

 

ug2.jpg

ug1.jpg

  少し広めの玄関。中庭に面したホール・廊下を通ってLDKに入ります。

    犬がいるため、床材と同じメープル(楓)の腰板を張っています。

 

 

 

ul2.jpg
udk2.jpg

LDK

ダイニングキッチンとリビングは、天井高さに変化をつけていますので、ダイニングキッチンは落ち着いた雰囲気、リビングは明るくて開放的なスペースになっています。

床はメープル(楓)で、ガス温水式の床暖房を仕込んであります。

 

 

 

uf1.jpg

ut.jpg

洗面室と浴室は、ガラスで仕切ると、両方のスペースが広く感じられます。

浴室の壁には、60cm角の大判タイルを使用しています。

 

 

 

ub.jpg

寝室は、クローゼット・押入・書斎コーナーがあり、シンプルで使い勝手の良い空間です。

 

 

 

uga1.jpg

木製シャッターを付けたビルトインガレージ。

門扉や軒裏、2階の格子にも木材を使っていますので、優しく暖かな印象です。

水平ラインを活かした外観デザインとしました。

 

登録タグ: