ATS造家設計事務所

十八間堂(京都府八幡市)

建物の幅 4.6m、奥行き32.7mの木造平屋建て バリアフリー住宅です。
スロープで玄関までアプローチすれば、あとは基本的に床の段差はありません。

敷地の空き状況やデザインにもよりますが、屋根の庇、軒の出の深い住まいには安心感があります。
雨の日にも窓を開けることができ、雨を感じ 楽しむことができるのはありがたいことです。

屋根材:ガルバリウム鋼板、外壁:火山灰、内部の床:吉野ヒノキ、壁・天井:漆喰および和紙の重ね貼りです。 

 

 

撮影:母倉写真事務所 母倉知樹

 

夜景.jpg
十八間堂アプローチ.jpg
十八間堂外観.jpg

 

 

 

18デッキ1.jpg
18デッキ2.jpg
 

 

18living1.jpg
18living2.jpg
18玄関.jpg
18子供室.jpg
 

 

 

 

18浴室.jpg
18WC.jpg

Tagged on: