ATS造家設計事務所

onomichi U2

onomichi U2

  尾道の海沿いにある海運倉庫を ホテルやショップ、レストランなどの複合施設にリフォーム。 https://www.onomichi-u2.com/ 設計は、谷尻誠・吉田愛/suppose design off…

木のテーブル

木のテーブル

住宅設計で、造り付け家具はインテリアとともに建築家がデザインします。 一方、移動可能な家具、例えばテーブルや椅子・机・ベッドなどはメーカーの良い品物も多くありますし、 木工職の方にお願いしてオーダーメイドすることもありま…

サイクリング楽し その6

サイクリング楽し その6

クロスバイクに乗って、はや9年。 以前は、野洲や近江八幡の現場まで行ってましたが、最近の遠出は、せいぜい瀬田のボート練習場まで。 天気が良い日の、琵琶湖周辺の景色は、とても気分が晴れます。 普段は夕方走ることが多く、山科…

建築と子どもたち 2016

建築と子どもたち 2016

  建築家協会 京都地域会のこの活動も今年で12年目。また、暑くて つらくて そして楽しい一日がやって来ました。 子どもたちにものづくりのプロセスや創造性の大切さを  建築の設計と模型製作によって体験してもらい…

VOLVOが来た!

VOLVOが来た!

訳あって、モデルチェンジしたXC90をお借りすることができ、出席しないといけない会合がある和歌山までドライブ。   長さ4950×幅1960×高さ1775mm、重量2.1トン 堂々たる寸法、見た目の迫力は、抜群…

手袋

手袋

人と同じく、モノにも縁があるようです。   お気に入りの手袋を なくしてしまいました。 手汗をかくので、車の運転時や自転車にのる時に重宝していた、黒い手袋。 ネットで買った安モノですが、掌・指にフィットして な…

琵琶湖  葦

琵琶湖  葦

  湖西の風景 大好きです。   現場の帰りに立ち寄り、静かでゆっくり流れる時間を 少しのあいだ過ごします。 気持ちが高揚するような色彩はいっさい無く、寒くて、寂しくて、どんよりして。 だから冬の景色…

陶磁器

陶磁器

信楽の「作家市」で、気に入って買い求めた、土鍋とビアカップ。   山本泰三さん作       土井雅文さん作   ともに青系の釉薬を施していますが、山本さんの青は深く、土…

上桂の家

上桂の家

木造平屋建て 延べ面積102.49㎡(約31坪)の高齢者バりアフリー住宅。 土地は長年営んできた、銭湯の敷地跡です。   各室ごとに中庭を配することで、陽射しを導くと共に、風の通りを促し、場所によって其々趣の異…

高知の建築 その2

高知の建築 その2

  【牧野富太郎 記念館本館・展示館】  設計は、内藤廣建築設計事務所   有機的な建築。 設計も施工も、これはもう、とってもたいへん。 1本として同じ寸法、同じ断面形状の梁は、なさそう・・…

高知の建築 その1

高知の建築 その1

【雲の上のホテル・空中歩廊・ギャラリー棟】 設計は、隈研吾建築都市設計事務所 面白い。 通過するだけのスペースに注がれた、建築への情熱と大金。 夜にこの渡り廊下を歩くと、非日常感が溢れます。(上右写真) ライトアップされ…

anonim.(京都市上京区)

anonim.(京都市上京区)

  建物は西陣地区の少し南に位置し、美容室を営む、店舗併用二世帯住宅です。 屋根・外壁には瓦・杉板に代えて金属板を用い、路地・坪庭・犬矢来・格子・簾・暖簾など、町家を形づくる要素を一つずつ見直しながら再構成しま…

公園を望む家(京都市南区)

公園を望む家(京都市南区)

木造平屋建て 延べ面積52.17㎡(約16坪)の小さな小さなお住いです。 敷地の東側は大きな公園で、陽当り・風通し・眺望が期待できる、とても良い立地です。 東側の敷地境界線に対して平面的に建物を45度傾け、残った空間をス…

建築と椅子 その6

建築と椅子 その6

ここしばらく、忙しいの上に超ウルトラ・スーパーがつく状況で、ブログの更新は少しごぶさた。 リクエストにお応えして、やっと近況報告です。 もともとがパソコンは苦手のアナログ人ですので、ご勘弁のほど。   &nbs…

12年目のリフォーム

12年目のリフォーム

  12年前に設計させていただいたお住いです。当時赤ちゃんだった子供さんも個室が必要になる年齢となりました。 ワンルームだった3階をご夫婦の主寝室と子供部屋2室に仕切ります。 限られたスペースなので、少し高い目…

12年目のリフォーム

12年目のリフォーム

  12年前に設計させていただいたお住いです。当時赤ちゃんだった子供さんも個室が必要になる年齢となりました。 ワンルームだった3階をご夫婦の主寝室と子供部屋2室に仕切ります。 限られたスペースなので、少し高い目…

愛媛の建築 その3

愛媛の建築 その3

【松山ITMビル】  設計は、伊東豊雄建築設計事務所 愛媛の銘菓 一六タルトの事務所ビルです。 伊丹十三さんはこちらの社長のお知り合い。 というわけで伊丹さんは一六タルトのCMに出演し、伊丹十三記念館の敷地は一六タルトが…

愛媛の建築  その2

愛媛の建築  その2

【坂の上の雲ミュージアム】  設計は、安藤忠雄建築研究所 三角形の平面を持つ珍しい建物。 中央部の展示室の面積と比べて、周囲を囲む廊下スペースの無駄さ加減がケンチクしてます。 三角の頂点部分は、基本的にデッドスペース。 …

愛媛の建築  その1

愛媛の建築  その1

【SKK松山】  設計は、宮崎浩/プランツアソシエイツ   松山駅近くにあるオフィスビルです。シンプルで端整な、いでたち。 金属製の目隠しスクリーン 完成当初は、さぞ美しかったことと思います。   &…

サイクリング楽し その5

サイクリング楽し その5

何でも自分でやりましょう と、いちばん最初は切れたブレーキワイヤーの交換、次はディスクパッド、スリックタイヤもゴム層が薄くなって下地が見えてきたのでチューブと一緒に交換。 消耗品は殆ど取り替え、大丈夫なのは変速機のワイヤ…

陰翳礼讃

陰翳礼讃

  本の内容は決して難しくなく、むしろ分かりやすいのではないでしょうか。 「陰翳礼讃(いんえいらいさん)」は、建築設計を志す者が常に心のどこがで意識をすべき言葉のように思います。 翳りを見据えて物事を考えること…

寂し気な国宝

寂し気な国宝

京都の北部、綾部市にある君尾山光明寺 仁王門。   遠景は写真のようにとても綺麗ですが、近くに寄るとディティールは大雑把なので古い年代の建物のようです。 人影もなく、すぐ後ろには伽藍もなく、山中にひっそりと佇み…

建築家 実務セミナー

建築家 実務セミナー

日本建築家協会 京都会の活動は多岐に渡りますが、今回会員向けの勉強会を企画しました。 私が所属しております、「欠陥住宅京都ネット」でお世話になっている弁護士さんをお招きし、判例をもとに法律の解釈や考え方の意見交換をさせて…

建築家展覧会

建築家展覧会

来週末 10月27日(土)、28日(日)、みやこめっせ 地下1階 展示場B (京都市左京区岡崎成勝寺町9-1 075-762-2630) において、エスリンクさんの建築家展覧会が開催されます。 数人の建築家と共にパネルや…

鈴虫寺の耐震診断

鈴虫寺の耐震診断

鈴虫寺は、休日には行列ができるほどの観光寺院で、一年中鈴虫の鳴くこの客殿は、1990年に私が設計を担当させていただいた、思い入れの深い建物です。 二十余年の月日を経て、外観は西山周辺の自然にとてもよく馴染んでいます。 &…

琵琶湖を望む家

琵琶湖を望む家

  蓬莱山がすぐ近くに見える和邇(わに)の高台にあるこのお住まいは、琵琶湖を眼下に一望できる素晴らしい環境にあります。 子供部屋は小さくても構わないと建て主のご主人と意見が合い、ロフトに4.5畳ほどのスペースを…

五十年家(滋賀県大津市)

五十年家(滋賀県大津市)

木造2階建て 延べ面積83.64㎡(25.3坪) 吹き抜けのある開放的なお住まいです。 床下の点検や設備の更新を容易にし、且つ大断面の構造材を使用して少なくとも50年、二世代に渡って安心して住める家にしましょうということ…

ともだち

ともだち

  先日三重県に行った際、古い友人の木工職 油田陽一朗さんを訪ねました。 山里の工房は木立ちに囲まれ、うらやましいほど素晴らしい環境です。 窓から見える樹々、風に揺れる葉を感じながらしばし時間と現実を忘れて歓談…

建築家作品展 2012

建築家作品展 2012

三条高倉の京都文化博物館 別館において、3/16(金)から3/18(日)まで、時間は、10:00~18:00(18日は17:00まで)、「100%Architects」-建築家がつくる夢-というテーマで、建築家作品展が開…

人が触れるものは、やさしく。

人が触れるものは、やさしく。

さわり心地というものは、とても大切だと思います。 建具の取手、引手、階段などの手摺、テーブルの天板、椅子、そして床板 等々 これらの材に神経を行き渡らせて、少しでもやさしい手ざわり、足ざわりになりますと気持ちもやわらかく…

ローコスト住宅 考

ローコスト住宅  考

「ローコスト住宅」というキーワードで、このサイトをご覧いただいている方に。 ふつうのお勤めの人が私たち建築家に住まいの設計を依頼し、無理なく生活を楽しんでいただけるようになればいい。そう考えて日々過ごしていると、建て主さ…

自然素材 考

自然素材 考

木は朽ちるもの。 皆、知っています。 建築もそうですが、街並みを構成する塀にも、かつては板塀や竹垣をよく見かけました。 腐るから、古くなるから、きたなくなるから、木の代わりに金属やコンクリート、プラスチックなどの石油化学…

健康住宅 考

健康住宅 考

シックハウスが話題になってからの国の対応は早かった。 使用する建材の基準を明確にし、換気扇の設置を義務化しました。 これだけで安心してはいけません。建材にある「F☆☆☆☆」の標示は人が決めた一つの基準で、安全を保証するも…

介護住宅・高齢者住宅

介護住宅・高齢者住宅

年老いた親の介護を どうすればいいのか。 病院、施設に預けられない場合は、家で面倒を見ることになります。介護に重点を置いた家の設計の相談も増えてきました。 以前のエッセイで、「バリアフリーは好きじゃない」と書いたことがあ…

一心寺 仁王門

一心寺 仁王門

建築が趣味でもありますので 急ぎの仕事がないときは、あちらこちらへ散歩に出かけます。 写真は大阪 天王寺にあります、一心寺仁王門。 鉄の骨格とガラス屋根で覆われた黒い物体で、よーく見ると尋常な建築物ではないのですが境内の…

うれしい、うれしい受賞です

うれしい、うれしい受賞です

「かんでん 住まいの設計コンテスト 2010」に引き続き、トステムの実作設計コンペにおいて、TH大賞 審査員奨励賞をいただきました。 建築設計の巨匠、高橋てい一先生にご推薦いただいたようで、喜びもひとしおです。 コンペの…

さくらんぼ

さくらんぼ

実が赤くなり甘くなってきた頃に 毎年野鳥が食べてしまいますが、今年はたくさん残してくれました。 少し酸っぱくて小さなさくらんぼですけれど、年に一度の収穫に家族も笑顔です。  

うれしい受賞です

うれしい受賞です

  「かんでん 住まいの設計コンテスト 2010」という実作設計コンペにおいて、十八間堂が佳作をいただくこととなりました。 建て主さんご家族から評価をいただくだけで十分なのですが、建築設計に関わる先達の方々から…

冬の暖房をどうしましょう?

冬の暖房をどうしましょう?

基本は建物に通風、遮光、採光および遮熱、蓄熱の工夫をした上で・・・ 夏を涼しくすごすには簾やよしず、落葉樹を植え蔦を這わせ、打ち水、風鈴、うちわ、蚊取り線香などなど季節感も楽しみのうちです。 それでも我慢ができない場合に…

十八間堂(京都府八幡市)

十八間堂(京都府八幡市)

建物の幅 4.6m、奥行き32.7mの木造平屋建て バリアフリー住宅です。 スロープで玄関までアプローチすれば、あとは基本的に床の段差はありません。 敷地の空き状況やデザインにもよりますが、屋根の庇、軒の出の深い住まいに…

間取りとローコスト

間取りとローコスト

間取りは、家の使いやすさを決定する大切な要素です。 家族構成や要望が多くなると、間取りも複雑になりますが、コストを抑えようと思うとシンプルな四角形が一番安価です。 この四角い箱に建て主さんの要望を収めて、いかに使いやすく…

十八間堂 竣工です

十八間堂 竣工です

奥行きがとても長く、十八間(約33メートル)ありますので、「十八間堂」という名前がつきました。 階段の無い平屋の建物に感じる心地良さ、地面に近いゆえの落ち着き感は、なんとも言えず 良いものです。 人の持つ とてもあたりま…

寺院建築の屋根

寺院建築の屋根

大津にある園城寺(三井寺)は、桜や紅葉がきれいですが、金堂の檜皮葺き屋根も美しいと思います。 建物正面から少し離れてご覧ください。 あの大きなスケールの屋根をなんと かろやかに、そして流麗にみせていることでしょう。 少し…

竹小舞下地の左官壁

竹小舞下地の左官壁

左官の壁は、日本建築の象徴です。 割り竹を縦横に組み、縄を巻き、藁すさの入った壁土を塗り込みます。 下塗り、中塗りの後、できれば一年くらい乾燥させて仕上塗りを施し完成です。 ソリッドで、芯までそのものである土壁は、拳骨で…

路地の家(滋賀県大津市)

路地の家(滋賀県大津市)

敷地は大津 琵琶湖のすぐ近く。 土地面積は20坪弱、建物延べ面積は22坪強の、小さな木造住宅です。 外観を構成するのは、ヒノキの縦格子。 材寸と間隔を1階と2階で少し変え、表情を与えています。 道幅2mほどの路地空間の雰…

大津 路地の家

大津 路地の家

建築設計の巨匠 吉村順三さんがお好きだという、建て主さんご夫婦の住まいです。 ・・・これは、手ごわい・・・。 なぜって?吉村さんの建築は、一見普通なのです。 すごく普通でさりげないのですが、デザインや寸法の一つ一つに理由…

青い空と緑の田んぼを望む家

青い空と緑の田んぼを望む家

タイトルの通り、敷地は空と田んぼが視界のほとんどを占める、近江八幡の市街化調整区域です。 建物の高さを低く抑えて、琵琶湖からの厳しい風雪をやり過ごし、軒を大きく出して外壁を守ります。 幾重にも屋根庇を折り重ねた、平屋で一…

建築と子供たち in KYOTO 2009

建築と子供たち in KYOTO 2009

10月1日~4日まで、日本建築家協会の全国大会が、京都・岡崎公園(みやこめっせ・京都会館等)で開催されました。 全国の建築家が集まり、さまざまなシンポジウム、展示や会議が企画されましたが、その中のイベントとして、今年は京…

大原野 二世帯の小さな住まい

大原野 二世帯の小さな住まい

ローコストはいつものことなのですが、このお住まいは超ローコスト。 市街化調整区域での許認可に始まり、前面道路幅は2mそこそこで軽トラしか入らない。 既存建物の解体をしないといけないし、おまけに地盤も緩い。 施工していただ…

建築家作品展

建築家作品展

京都文化博物館別館において、6/25(木)から6/28(日)まで、時間は、10:00~17:00(25日は12:00~17:00)、「受け継がれる建築の佇まい」-地域の特性を生かして-というテーマで、建築家作品展が開催さ…

GT-R

GT-R

ニッサン GT-Rに、抽選で乗れると聞き、応募しました。 車好きなら、一度は乗ってみたいでしょう、 公道を走ることができる、レーシングカーという特殊な位置づけの車です。 琵琶湖一週、約300kmを嫁さんとドライブ。 今は…

原寸図

原寸図

実物大の図面を原寸図といいます。 近代建築では、原寸の立面図を作成する機会はあまりありませんが、寺院建築では必ず原寸図を描き、屋根の垂れ方、軒先の反り方、細かな部材の寸法、構造材の納まりなどを確認し、図に合わせて型板を作…

インク道楽

インク道楽

万年筆は、道具としてとても興味をひかれますが、インクがまた、これに優るとも劣らず面白い。 ペン先をボトルに差し入れ、インクを吸い込むという、手間なことが楽しいのだから困ります。 色やメーカーによって書き味も変わり、好みの…

ドイツとイタリア

ドイツとイタリア

太い字が書ける万年筆がほしいな、と思い始めてから、もう何年経つでしょうか。 軸も太く、重さを感じる万年筆が好みです。 今はセーラー万年筆のプロフィットという普及品を使っています。 もとより、筆記用具は商売道具。安物はいた…

大工道具

大工道具

丸柱と枡組のオブジェが目印の外観                   とろろ昆布のような鉋屑。 匂いも嗅げます 神戸の竹中大工道具館では、現在「削る」をテーマに、鉋(かんな)の特別展を開催しています。 日本の大工技術の素…

建築と椅子 その5

建築と椅子 その5

メディアにもよく出てくる、フランスの建築家コルビジェ デザインのLC4「シェーズロング」 足元に向かって巾寸法が絞ってあるせいでしょうか、座ってみると意外と小さく感じます。 畳の色によく合うクッションの革は、アニリンと呼…

建築と子供たち in KYOTO 2008

建築と子供たち in KYOTO 2008

今年は「まちなか子供探検隊」の企画が実施できなかったので、すまいづくりセンターが主催する「すまいスクール」の親子模型作りに参加しました。 (建築と子供たちの活動の詳細は、日本建築家協会(JIA)京都会のサイトをご覧くださ…

建築と椅子 その4

建築と椅子 その4

15年ほど前の自作の椅子です。 すべて1本の100mm角の柱材から造りました。 着色は、リートフェルト仕立て。 座面の背の部分は90°なので、この椅子を4脚合わせると 四角いラウンジチェアーにもなるという考えでし…

公共建築

公共建築

京都の北、精華大学の向かいにある、総合地球環境研究所の見学に行きました。 設計は日建設計。延べ面積は大きな建物ですが、外観を分節、中庭も設け、地形をうまく利用して周囲の風景と馴染ませています。 内部空間も天窓による自然採…

建築と椅子 その3

建築と椅子 その3

日本人デザイナー 新居猛氏の「ニイチェアー」。 デザインされたのは40年近く前。ずっと作り続けられています。 すごいですね。 事務所にある、1979年の古びた雑誌「モダンリビング」「暮らしの設計」に、さりげなく載っており…

建築と椅子 その2

建築と椅子 その2

炬燵が好きな私は、椅子にはあまり興味がありませんでした。 自宅のリビングには畳を敷き、寝転んでテレビを見ることもよくあります。 ところが近年、リラックスして座れる椅子が目にとまり、縁あって私の身近にある椅子について、思う…

京都迎賓館

京都迎賓館

希望していたにもかかわらず、長い間良い機会に巡り合えませんでしたが、やっと見学することができました。 外部アプローチ 綴れ織(西陣織) 京都御苑内に建つ、内閣府管轄の迎賓館は、建築に携わる人間が、その労と時間を厭わず、国…

建築と椅子 その1

建築と椅子 その1

ヤコブセンデザイン デンマーク・Fritz Hansen社のアントチェアーとタンチェアー。   アントチェアーの座り心地は普通、でも3本脚はバランスが悪くて少々危ない。 クッションも無いので、住宅で使うのにはど…

大阪モーターショー

大阪モーターショー

大阪モーターショー 日産ブース GT-Rのカットモデルです。 まさに技術のニッサン、コンセプトカーも面白い。 デザインは、「?」です。 スカイラインクーペやZのシルエットは、大好きなのですが・・・。 そのほかの印象は・・…

鬼瓦のお話

鬼瓦のお話

一般の住宅で、鬼の顔をした鬼瓦を使うことは少なくなりました。 沖縄のシーサーや、京都では鐘馗さんなどが、屋根に跨り、魔除けとして家を守ってくれています。 鬼そのものが恐い存在なのに、その鬼を使ってもっと恐いものを退治して…

サイクリング楽し その3

サイクリング楽し その3

自転車で九条山を越えて京都の中心部へ行くなんて、考えたこともありませんでした。 山科の事務所から三条京阪まで、ドアトゥードアで25分。 速さも魅力の一つです。 オドメーターも2400kmとなり、登り坂のしんどさも、なんの…

間取りが決め手の住まい

間取りが決め手の住まい

ニューハウス誌 ムックNo.128「間取りが決め手の住まい」に、「高島町の家」(滋賀県高島市)が、紹介されています。 「高島町の家」(滋賀県高島市)は、少し前に竣工した別荘で、思い出深い建物です。 提示された予算は、桁外…

滋賀県 近江八幡

滋賀県 近江八幡

近江八幡の市役所で調べごとを済ませたあと、旧市街地を散歩しました。 目当てのひとつは、出江さん設計の「かわらミュージアム」。 竣工後12年経ち、町並みに溶け込んでいます。 大きな施設を作るのではなく、建物を細かく分節し、…

1000万円台のローコスト住宅

1000万円台のローコスト住宅

月刊ニューハウス誌 07 10月号 「こだわりが詰まった1000万円台の家」に、「古海道の家・Ⅱ」(京都市山科区)が掲載されています。 建築家が設計する住宅でも、1000万円台で施工することはできます。 私の事務所でも何…

建築と子供たち in KYOTO

建築と子供たち in KYOTO

今年も「まちなか子供探検隊」に参加。 (活動の詳細は、日本建築家協会(JIA)京都会のサイトをご覧ください) 対象は公募の小学生30人。 京都市景観・まちづくりセンターの職員さん・市立芸大の学生さん、 そして日本建築家協…

大丸ヴィラの見学会

先日、建築家協会の見学会で、大丸ヴィラ(設計:ヴォーリズ)を見せていただきました。 竣工は昭和7年(1932)。75年前のコンクリート建築物です。 数年前にも大丸ヴィラの少し北側、赤レンガ建築の聖アグネス教会(設計:ガー…

坪単価の常識

坪単価の表記に、明確な基準はありません。 一応の目安である本体工事が、どの範囲まで含むのかも決まっていません。 照明器具、造り付けの家具や棚、カーテン、エアコン、外回りの設備などは入っていない場合が多いようです。 面積の…

家の耐震診断を受けましょう

家の耐震診断を受けましょう

阪神・淡路大震災では、公共建築物も含め多くの建物が倒壊しました。 建築の仕事をしていると、「やはり」という感想でしたが、同時に土木工作物(新幹線や高速道路の高架等)も被害に遭いました。 建築の技術者として、橋梁も含めて土…

カローラとレクサスIS

同じトヨタの自動車です。 カローラの価格帯は約100万円~200万円、 レクサスISは約400万円~500万円です。 排気量の違いはありますが、車体サイズはそれほど変わりません。 この価格の差は何なのか?同じ車です。 カ…

自然素材 再考

また化学物質です。 人を幸せにするはずの研究、開発が、人を苦しめます。 大阪や京都の住民の体内には、他地域に比べて、すでに多量の有機フッ素化合物が蓄積されているそうです。 淀川支流の安威川では、世界最高レベルの水質汚染が…

サイクリング楽し その2

サイクリング楽し その2

やはり、縁でした。 ネットで調べ、これと決めた自転車を注文しに入った専門店。 ところがそこで見た、中古自転車に一目惚れ。 シックな色、個性的なスポーク、ハンドルの形・・・そして魅力的な価格。 「これ、ください」と言うのを…

サイクリング楽し

サイクリング楽し

建築家の友人が、大型二輪の免許を取ったその日にハーレー乗りとなり、君も乗ればと誘われて、再びその気になって・・・。 16歳になってすぐ、絶対だめと反対された父に黙って二輪の免許を取り、父に黙ってカワサキの中古バイクを買い…

モモもサク

モモもサク

モモの花、綺麗。 初夏には桃が実ります。 5,6㎝の玉になり、赤みがさして甘くなり始めるとアリがくる。 アリはとても興味深い昆虫で、大好きなんだけど、大きらい。 やっと大きくなった桃、食べたらあかん。

サクラ・サク

サクラ・サク

3月7日です。家の桜は3日前につぼみがふくらみ、今日満開。 滋賀県和邇浜の現場へ行く途中、皇子山公園の桜も綺麗なピンクでした。 こないだの日曜日、子どもたちと野球をしたときも暑かった。 野菜が大きくなるのは嬉しいけれど、…

野菜を作ろう! -暖冬編-

いつもハクサイは失敗するのに、今年は葉っぱがカタマリになってくれて、ハクサイが収穫できました。 スーパーで買っても100円前後だけど、今年は買わなくてすみそうです。 ダイコンはすごく太くなって、土から下は3又4又に別れ、…

東寺の住まい(京都市南区)

東寺の住まい(京都市南区)

京都 東寺の近くに建つ、延べ面積126.20㎡(38.18坪) 木造2階建て 一部鉄骨造の都市型住宅です。 建て主さんも建築のプロですので、細かな部分まで配慮の行き届いた、設計・施工が実現できました。 敷地内に母屋と借家…

住まいの建具は木で作る

住まいの建具は木で作る

私の事務所では、室内の建具は既製品を使わないで、全て建具屋さんに作ってもらいます。直接手に触れる取手や引手、レバーハンドルの材質や感触も大切です。 木で作るので、完成後何度か建具屋さんに調整してもらい、建具によっては落ち…

教えることを、教えて下さい

精華・学研都市にある「私のしごと館」建築家ブースで、建築家の仕事を紹介する講師をさせていただいています。 ある建築家の京都事務所に努めていた経験を持ち、現在も二人で設計の仕事をしている、私の家内と交代で、ひと月に1,2回…

介護住宅・高齢者住宅

年老いた親の介護を どうすればいいのか。 病院、施設に預けられない場合は、家で面倒を見ることになります。介護に重点を置いた家の設計の相談も増えてきました。 以前のエッセイで、「バリアフリーは好きじゃない」と書いたことがあ…

建築家・設計事務所のしごと

建築家・設計事務所のしごと

 □■ 芸術として建築をとらえ、素晴らしい作品の創作に生涯を捧げ、私たちのお手本となる建築家がいらっしゃいます。建築の可能性やコンセプト、斬新なアイデアに重点が置かれている場合、それが許されるのは、ほんのひとにぎりの方々…

長持ちする家

長持ちする家

家の寿命は2~30年、各世代が家を建て、ローンを抱えているのが日本の現状です。 もったいないことです。 親が建てた家を子供が建て替えていたのでは、日本から木がなくなってしまいます。今、植えた木は、60年経ってはじめて建築…

自然素材 考

木は朽ちるもの。 皆、知っています。 建築もそうですが、街並みを構成する塀にも、かつては板塀や竹垣をよく見かけました。 腐るから、古くなるから、きたなくなるから、木の代わりに金属やコンクリート、プラスチックなどの石油化学…

草津の家(滋賀県草津市)

草津の家(滋賀県草津市)

延べ床面積84.5㎡(25.5坪)、木造2階建て。 無垢板、自然素材を使った、1000万円台後半のローコスト小住宅で、室内外をあまり意識しないで、行き来ができる設計です。 キッチンはアイランドタイプ、少し大きめの浴室と洗…

狭小敷地、変形敷地、小さな家

狭小敷地、変形敷地、小さな家

建物を建てる時のマイナス材料、それが極限に近いほど私たち建築家は燃えてしまいます。 小さな家を設計する場合のキーワードは「兼ねる」「透ける(抜ける)」「ぎりぎり」。この三つを形にしていきます。 家具やスペースを兼用し、視…

健康住宅 考

シックハウスが話題になってからの国の対応は早かった。 使用する建材の基準を明確にし、換気扇の設置を義務化しました。 これだけで安心してはいけません。建材にある「F☆☆☆☆」の標示は人が決めた一つの基準で、安全を保証するも…

素足で暮らせる 木の家

素足で暮らせる 木の家

住宅設計では構造を木造にする場合が多い。予算的なことも含めて、住まいには最適だと感じます。 せっかく木で創るのなら昔の民家のように木組みも見せたい。設計も施工も数段むつかしくなりますが、そこは腕の見せどころ。  人が直接…

一眼レフデジタルカメラ

一眼レフデジタルカメラ

一眼レフデジカメを買う。 僕らが使える普及品はかなり安くなってきました。 でもお気に入りの銀塩一眼レフの24mmレンズが使えると聞いていたのに役に立たない。 そう、訳あってこのレンズをデジカメで使うと36mmになってしま…

電動はあんまり好きじゃない

電動はあんまり好きじゃない

電動はあんまり好きじゃない。 いろんなものが電気で動く。ドアやシャッター、窓にカーテン、吊り戸棚も勝手に降りてくる。動く家もある。 便利なことが幸せなの? ひとつ楽をするとひとつ何かを失うらしい。 手を使えば っていつも…

設計事務所のアトリエ新築

設計事務所のアトリエ新築

無担保、無保証人で信用保証協会を介して融資を受け、仕事場を建てました。 「景気よろしいなー」がほとんどの方の第一声。普通そう思いますよね。なにしろ新築ですから。 世間の目も気になるし、少し考えましたが、実は月々の返済は借…

古海道の家・Ⅱ(京都市山科区)

古海道の家・Ⅱ(京都市山科区)

木造住宅の外壁材の選択は常に大きな課題となりますが、この建物は外観の全周囲が見えるという特殊な立地条件でローコストとデザイン性を両立させた大判のサイディングを使用しました。割付や端部の処理を考慮することによりセメントパネ…

茨木・車作の家(大阪府茨木市)

茨木・車作の家(大阪府茨木市)

高台からの眺望を生かすためにデザインされた住宅です。 室内は全て和紙クロスで包まれた優しい住まい。 屋根はガルバリウム鋼板。 外壁、塀の板材には美山町産の杉板を使用している。 雨落ち溝には玉石、アプローチには砕石を敷き詰…

松ヶ崎の家(京都市左京区)

松ヶ崎の家(京都市左京区)

外観 土間、畳、吹抜、勾配天井等、京都の町家のデザイン要素をアレンジした なつかしさの感じられる住まいです。 オープンエアーのデッキ ヤマボウシとエゴノキが植えてある。 デッキを外側から見る 目隠し板はヒノキの床材を使用…

七条の家(京都市下京区)

七条の家(京都市下京区)

間口4メートル、面積20坪の狭小敷地に建つ 鉄骨造3階建て住宅です。 外観 金属とコンクリートで構成される。 門扉として木製の格子戸を設置する予定。 アプローチ(通り庭) 玄関までの半屋外のスペース。 玄関は狭いので下駄…

鈴虫寺 客殿

鈴虫寺 客殿

一年中鈴虫が鳴く、京都の観光スポット 鈴虫寺客殿です。 座敷には鈴虫の虫籠が並びます。 切り妻の大屋根が伸びやかな建物です。   鈴虫寺の公式サイトはこちらをご覧下さい  

上賀茂神社 屋外便所

上賀茂神社 屋外便所

大学卒業後 初めて設計の担当をさせていただいた、思い出深い建物です。 設計図面が現実の建物としてできあがることに、不思議な気持ちと わくわく感溢れる楽しい毎日でした。 コンクリートの型枠に杉材を用い、木目を写し取っていま…

仕事を離れて

急ぎの仕事がない休日。 子供たちは友達のところへ遊びに行き、嫁さんもどこかへお出かけ。 一人になって、ふと何もすることがなくなることがある。 しあわせな時間なのか、そうでないのか。 車の雑誌でも買ってこよう・・・。 ヒー…

枚方の家(大阪府枚方市)

枚方の家(大阪府枚方市)

深い軒のある屋根の美しい現代和風住宅です。 庭先外観 庇の先端はガラス屋根としている 玄関土間見返し 玄関土間及びホール 階段状の家具は玄関収納 LDKから和室を見る 間仕切りの建具は全て壁に引きまれる LDからキッチン…

住まいと子供

子ども達の元気良さが、少しずつなくなってきました。 辛抱、我慢ができない、根気もない、自発的に行動しない、 家から出ない、外で遊ばない・・・。 親がなんでもお膳立てし、口出ししすぎるのも原因だそうです。 社会全体として、…

住まい雑感

ローコストであることは、家創りにはとても大切なことだと考えています。 「家」そのものや「家を建てること」が、目的ではありません。 小さな家でも、安価な素材を使った家でも、 心豊かになれる場を、創ることはできます。 気持ち…

寺院 屋根の設計

寺院 屋根の設計

大津にある園城寺(三井寺)は、桜や紅葉がきれいですが、金堂の檜皮葺き屋根も美しいと思います。 建物正面から少し離れてご覧ください。 あの大きなスケールの屋根をなんと かろやかに、そして流麗にみせていることでしょう。 少し…

寺院 竹小舞の左官壁

寺院 竹小舞の左官壁

左官の壁は、日本建築の象徴です。 割り竹を縦横に組み、縄を巻き、藁すさの入った壁土を塗り込みます。 下塗り、中塗りの後、できれば一年くらい乾燥させて仕上塗りを施し完成です。 ソリッドで、芯までそのものである土壁は、拳骨で…

寺院建築の原寸図

寺院建築の原寸図

実物大の図面を原寸図といいます。 近代建築では、原寸の立面図を作成する機会はあまりありませんが、寺院建築では必ず原寸図を描き、屋根の垂れ方、軒先の反り方、細かな部材の寸法、構造材の納まりなどを確認し、図に合わせて型板を作…

大工道具

大工道具

丸柱と枡組のオブジェが目印の外観 とろろ昆布のような鉋屑。 匂いも嗅げます 神戸の竹中大工道具館では、現在「削る」をテーマに、鉋(かんな)の特別展を開催しています。 日本の大工技術の素晴らしさは申し上げるまでもありません…