ATS造家設計事務所

路地の家(滋賀県大津市)

敷地は大津 琵琶湖のすぐ近く。
土地面積は20坪弱、建物延べ面積は22坪強の、小さな木造住宅です。
外観を構成するのは、ヒノキの縦格子。
材寸と間隔を1階と2階で少し変え、表情を与えています。
道幅2mほどの路地空間の雰囲気をこわさないよう、屋根のかけ方や、全体の寸法、色彩に配慮しています。

路地の家 外観G.JPG

2階にはLDKを配し、造り付けのテーブルを介して段差のある居間とダイニングキッチンがワンルームで繋がっています。
敷地周囲は隣家が建て込んでおりますが、開閉可能なトップライトからは太陽光が降り注ぎ、風が吹き抜けます。

路地の家 LDKG.JPG

敷き入れた畳の縁は無地の織縁で、薄緑の畳も美しいですが、経年変化で畳表が藁色になると、さらによく馴染みます。
3枚の障子は、すべて壁に引き込むことができます。

路地の家 リビングG.JPG

高さ2.6mの大きな引き戸の玄関建具です。
この大きさゆえ、引き込んだ時は、内と外が繋がります。
建具屋さんには苦労をかけますが・・・。

路地の家 玄関G.JPG

路地と住まいをやさしく結ぶ、緩衝スペースのポーチ。
直接的でなく、でも離れ過ぎず。頃合いの良さがムツカシイ。

玄関見上げG.JPG

路地の家 点景G.JPG

Tagged on: ,