光庭のある家(京都市伏見区)

京都府産材の檜・杉材を 大工さんが墨付けをして手刻みで加工したモダン和風のお住いです。

敷地は広く、建物の面積も少し大きめで、ゆったりとした間取りです。

 

hujitaf1.jpg

 

 

 

二間続きの座敷の北側に生活スペースであるLDKがありますので、間に中庭(光庭)を設けてLDKにも陽射しと光を導きます。 光庭の座敷側には渡り廊下を設け、上部にはガラス庇をかけています。

 

fnakaniwa.jpg

 光庭  雨の日を愉しむガラス屋根と筒状の縦樋

fwasitu.jpg

和室の障子に松葉の影が映ります。風流ですね。

fliv.jpg

リビングルーム

 

fgenkan1.jpg
fgenkan2.jpg

 玄関ホール

 

 

梁材を継ぐのに昔ながらの加工を施しています。継手がずれないよう複雑な形で噛み合わせ、込栓を差込んで容易に引き抜かれないようにしています。

 

tugite1.jpg

tugite2.jpg

瓦屋根の重みに負けないよう、屋根には少しムクリのある丸太を使います。

 

maruta.jpg

 

 

 

 

 

庭と塀は既存のものを再利用しています。

埋込みタイプの太陽光発電パネルですので、瓦屋根にもなじみます。

 

hujitaf2.jpg

 

登録タグ: ,